ヒビマネ
仮想通貨

仮想通貨の買い方を徹底解説!初心者におすすめの取引所も紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

仮想通貨購入方法

ビットコインの価値が1000倍以上になり、2017年から大きな注目を集め続ける仮想通貨ですが、まだ世間ではその実態がよくわかっていないというのが現状です。これからビットコインを購入したいと思っていてもどうしたらいいのかわからないという方も多いと思います。

そこで、今回は仮想通貨の買い方について詳しく解説し、また初心者の方におすすめの取引所もご紹介していきますので、仮想通貨を始める際の参考にしてみてください。

仮想通貨の買い方

仮想通貨は難しいというイメージがありますが、買い方はいたってシンプルです。ますは購入までの大まかな手順を見ていきましょう。
 

大まかな手順1.取引所にアカウントを作成
2.本人確認の書類を提出
3.取引所に入金
4.購入

このように仮想通貨の購入には難しい手続きは必要なく、購入までにそれほど時間が掛からないのが大きなポイントです。それでは各項目を説明していきます。

取引所にアカウントを作成する

仮想通貨を購入する際に必ず必要になるのが取引所のアカウントです。株式で言うところの証券口座にあたるもので、基本的に仮想通貨のやり取りは取引所で行われます。

取引所のアカウントを作成するためにはメールアドレスが必要になるため、フリーメールでもいいのでアドレスを取得しておきましょう。

本人確認書類を提出する

取引所では仮想通貨の売買を開始する際に、運転免許証や健康保険証といった本人確認書類の提出を求められることが多いです。基本的には運転免許証の表と裏をスマートフォンなどで撮影したものをアップロードすればいいだけなので、難しいことはありません。

提出する書類は各取引所によって違いますが、免許証や健康保険証、パスポートなどが代表的です。健康保険証を利用する場合には公共料金や税金などの支払証明書が必要になる場合もあるため、事前に準備しておきましょう。

取引所に入金する

仮想通貨を購入するためには取引所に日本円を入金する必要があります。銀行やコンビニから指定の口座に振り込みをすれば入金が可能です。住信SBIネット銀行のようなインターネットバンキングを利用すれば365日24時間どこでも入金することができます。

また、クレジットカードで仮想通貨を購入することもできますが、その分手数料が高くついてしまうのであまりおすすめはできません。

欲しいコインを購入する

本人確認と入金が終わればあとはコインを購入するだけですが、仮想通貨を購入する際には「取引所」と「販売所」のどちらかを利用することになります。それぞれ違いがあるため、上手く使い分けて購入しましょう。大まかなな特徴は以下の通りです。
 

取引所と販売所の違い・取引所:個人間の取引。株式の売買に近い方法
・販売所:仮想通貨を販売している企業から購入する方法

ビットコインのような値動きの激しいコインを購入する場合、取引所では注文を出しても値上がりしてしまってなかなか購入できないということがありますが、販売所ではコインを確実に購入することができます。しかし、販売所で購入する際には取引所で購入するよりも手数料が高くついてしまうため、状況によって上手く使い分けましょう。

初心者におすすめの取引所

仮想通貨を購入するためには取引所のアカウントを作成する必要がありますが、どこの取引所を利用するのがいいのでしょうか。ここでは初心者の方でも使いやすいおすすめの取引所を紹介していきます。

coincheckはアルトコインの品揃えが豊富!

CoinCheck
coincheckはビットコインだけでなく、アルトコイン(ビットコイン以外のコイン)の取り扱いも豊富で、イーサリアムやリップルはもちろんモネロやAugur(オーガ)などの取り扱いもある取引所です。ただし、アルトコインは販売所での購入となります。

また、サイトデザインが分かりやすく初心者でも使いやすいのが特徴で、仮想通貨を貸し出して利息を得る「レンディング」というサービスも利用することができます。コインを長期的に保有したい際には「レンディング」は非常に優れたサービスであるため、アカウントをとりあえず持っておくといいですよ!

公式サイトを見る

Zaifは手数料が安い!

Zaif
Zaifは全てのコインが取引所で購入できるため、非常に手数料が安いというメリットがあります。大手の取引所ではアルトコインが販売所形式になっていることが多いため、アルトコインを購入したい人にとっては手数料が安く済むZaifは非常に便利な取引所です。

手数料が必要になりますが積立投資をすることも可能で、変動が多いときでもリスクを減らしながら少しずつ投資をすることができます。また、他の取引所にはない「トークン」の売買もされているため、今後成長する可能性も大いにありますよ!ただし、サーバーが落ちやすいというデメリットもあるので注意が必要です。

公式サイトを見る

bitFleyerはビットコインの取引量が日本一!

ビットフライヤー
bitFlyerは日本で最もビットコインの取引が行われている取引所です。特に「bitFlyer Lightning」というビットコインの現物・FX・先物取引、アルトコインの現物の取引に対応した取引所が強く、FXでは最大15倍のレバレッジを効かせることができます。

また、bitflyerではビットコインでAmazonギフト券や電子書籍などを購入することができるので、そのまま現金感覚で仮想通貨を利用することが可能です。仮想通貨を購入したものの使い道がないということがないので、嬉しいサービスですよね。

公式サイトを見る

仮想通貨を取引所で購入する際の注意点

仮想通貨を取引所で購入する際には注意するべき点もあるので気を付けましょう。今回は簡単な注意点だけをご説明していきます。

二段階認証を利用しよう!

取引所を登録した後は実際に取引をする前に二段階認証を利用するようにしましょう。二段階認証とは登録の際に設定したパスワードとは別に、ログインや出金の都度にワンタイムパスワードを利用することで安全性を高めるシステムです。

仮想通貨の取引所はウォレットの役割も果たしているため、アカウントのIDとパスワードが盗まれてしまうとあなたの持っている仮想通貨は全て奪われてしまうことになります。そこで、二段階認証を利用することでIDとパスワードを盗まれてももう一段階セキュリティがある状態にすることが可能です。

さらに大きなメリットとして、二段階認証を利用しているとアカウントが不正利用されたことで発生する損害を補償してもらうことができる場合があります。coincheckやbitflyerがその例で、補償の条件として二段階認証の利用を設定しています。

取引所は複数登録しておこう!

取引所を利用する際には必ず複数登録しておくようにしましょう。取引所はサーバーダウンや閉鎖の危険性があり、1カ所に資金を集中していると万が一の時に損失が大きくなってしまう可能性があります。

特にビットコインのような流動性の高い通貨で、短期の取引を行う際にはサーバーダウンによる影響は大きく、損切が間に合わなくなってしまうということもあります。一か所に資金を集中させず、複数の取引所を使って取引をすることで、大きな損失を避けることができます。

また、仮想通貨はまだ不安定なところも多く、取引所が将来的に閉鎖してしまう可能性もあります。そういった事態に陥った際には取引所に預けていた仮想通貨は無くなってしまうため、できるだけ取引所を分散して使うようにしましょう。

仮想通貨の買い方まとめ

仮想通貨の買い方は意外にもシンプルで、取引所のアカウントを開設することで簡単に仮想通貨の購入ができます。取引所を利用する際には二段階認証や複数の取引所を利用することで仮想通貨を取り扱う上でのリスクを減らすことが可能です。実際に取引をするには本人確認や入金などは必要ですが、必要なものはそれほど多くないので気軽に始めることができますよ!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*