ヒビマネ
仮想通貨

仮想通貨と暗号通貨の違いを解説!同じだけど違う二つの言葉に注目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

仮想通貨と暗号通貨の違い
ビットコインのことを仮想通貨と呼んでいる人がいたり、暗号通貨と呼んでいる人たちがいたりしますよね。この呼び方の違いって何か意味があるのでしょうか?最近何かと話題になるビットコインですが、まだまだ細かい情報は知られていないのが現状です。

今回は仮想通貨と暗号通貨の違いについて徹底解説していくので、これから広く普及するかもしれないビットコインの知識を今のうちに覚えておきましょう!

仮想通貨と暗号通貨は同じ!

結論から先に言わせていただくと、仮想通貨と暗号通貨は同じものを指しています。仮想通貨と言われて思いつくのはビットコインやイーサリアムなどの通貨で、暗号通貨と言われて思いつくのもそれらの通貨です。つまり、言葉が指すもの自体は全く同じと言っていいでしょう。しかし、厳密には二つには違いがあるので、詳しく説明していきます。

正しくは暗号通貨!仮想通貨は日本での呼び名

仮想通貨と言うのは日本での呼び名であり、海外では「Cryptocurrency(暗号通貨)」と呼ばれています。そもそも、ビットコインを始めとする通貨の何が画期的だったかというと、暗号理論を用いて取引の安全性を確保していることにあります。

つまり、ビットコインなどの通貨を暗号通貨たらしめているのは、その名の通り暗号理論を使っているからなのです。

仮想通貨は暗号通貨以外のものも含む

日本では仮想通貨というと暗号通貨を指しますが、しかし実際に仮想通貨の意味を正しく考えると、オンラインゲームなどで手に入るゲーム内通貨も仮想通貨ということができます。つまり、暗号通貨は仮想通貨の一部であり、仮想通貨は暗号通貨だけを指す言葉ではありません。

仮想通貨が肉という広い意味を持つ言葉で、暗号通貨が牛肉という種類まで特定された言葉と考えるとわかりやすいかもしれませんね。

それでも仮想通貨と呼ばれるのは何故?

暗号通貨という呼び方の方が意味としては正しいにも関わらず、ビットコインやイーサリアムが仮想通貨と呼ばれるのは単純にわかりやすいからという理由があります。暗号通貨の「暗号」部分について話そうとすると、どうしても技術的なことや専門的なことになってしまうため、仮想通貨と呼んだ方がわかりやすく、多くの人が興味を持ちやすいのです。

日本では新聞や書籍などでも既に仮想通貨という言葉が使われており、広く浸透しています。言葉と言うのは一度浸透するとそのまま変わらず呼ばれることが多いので、今後も仮想通貨と言う呼び方が主流であることはほぼ間違いないでしょう。

仮想通貨と暗号通貨の違いまとめ

仮想通貨と暗号通貨は同じものを指しますが、意味として適しているのは暗号通貨です。しかし、新聞や書籍、大手企業の発表などでも仮想通貨という呼び方が使われることが多く、今後も仮想通貨と言う呼び方が広がっていくでしょう。そのため、意味が正しいからと無理をして暗号通貨と呼ぶ必要はなく、仮想通貨と言う呼び方を使ってもまったく問題ありません。当サイトでも記事内では仮想通貨と言う名称を使っていく予定です。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*