ヒビマネ
クレジットカード

JAL普通カードのメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

JALカード

JAL(日本航空)が発行する空の旅がお得なカード、JAL普通カード。普段のショッピングでJALマイルを貯めることができるため、陸から空の旅を目指すことができます。旅行が好きでJAL航空を利用する方はもちろん、貯めたマイルでお得に旅行をしたいという方にもおすすめの1枚です。

今回はJAL普通カードのメリット・デメリットを徹底的に紹介していきます!JAL普通カードを作る前にカードの性能をしっかりと把握しておきましょう!

JAL普通カードの基本性能

年会費 基本還元率 国際ブランド
初年度無料
2年目以降2,000円(税抜)
0.5%(JALマイル) VISA、MasterCard、JCB

国際ブランド比較

JAL普通カードはVISA、MasterCard、JCBの3種類から選ぶことができます。VISAとMasterCardに大きな違いはありませんが、JCBを選んだ場合は最大100万円の海外ショッピング保険が付帯します。また、JCBではディズニーデザインも選ぶことができるので、ディズニー好きの方はJCBがおすすめです。

しかし、VISAとMasterCardは海外ではJCBよりも使いやすいため、海外旅行をする方はVISAかMasterCard、国内旅行をする方はJCBを選ぶといいでしょう。また、JAL普通カードにはAMEXブランドもありますが、そちらについては以下の記事で解説しています。

JAL普通カード(AMEX)の詳細についてはこちら!
JAL普通カード(AMEX)のメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

JAL普通カードはボーナスマイルがお得!

JALカードフライトマイル

毎年初回搭乗時に1,000マイルのボーナス!

JAL普通カード会員は入会後の初回搭乗時に1,000マイル、2年目以降もその年の初回搭乗時に1,000マイルのボーナスがもらえます。1マイルを2円で換算すると2,000円分の価値があるため、この特典だけでも年会費の元を取ることができますね。毎年1回でもJALの航空機に登場するという方は持っていて損のないカードと言えるでしょう!

フライトマイルに10%の加算!

JAL普通カードは通常のフライトマイルに加えて10%のボーナスマイルをもらうことができます。JALだけでなくワンワールド アライアンスの盟航空会社をはじめとしたJMB提携航空会社便が対象となるため、飛行機はLCCを利用するという方でもお得にマイルを貯めることができます。
対象航空会社

海外旅行などでは一度に獲得するマイルの量も多いため、10%のボーナスはかなり大きい加算ですよ!

ツアープレミアム加入でフライトマイルが100%貯まる

JAL普通カードは追加年会費2,000円(税抜)でツアープレミアムに加入することができます。ツアープレミアムに加入すると、通常50~75%しか貯まらない割引運賃利用時にもフライトマイルにボーナスマイルが加算されて合計で100%マイルが貯まります。対象となる割引運賃は以下の通りです。

対象割引運賃 通常のフライトマイル ツアープレミアム加入時
国際線ビジネスクラス(予約クラス:I) 70% 100%
国際線エコノミークラス(予約クラス:H/K/M)
国際線エコノミークラス(予約クラス:L/V/S/E/N/O/G/R) 50%
先得割引、スーパー先得、ウルトラ先得、乗継割引28 75%
ダイナミックパッケージ 50%
パッケージツアーに適用される個人包括旅行割引運賃

JAL普通カードはショッピングでもお得にマイルが貯まる!

JALカードショッピングマイル
JAL普通カードでは200円につき1ポイントのJALマイルが貯まります。還元率は0.5%ですが、マイルは1マイル2円以上で利用することもできるので、他のカードと比べても低い還元率ではありません。また、特約店やショッピングマイルプレミアムの加入で還元率がアップするため、マイル還元率は最大で2%にまでアップしますよ!

特約店では2倍貯まる!マイル還元率1%!

JAL普通カードはJALカード特約店で利用すると200円につき2マイルが貯まるため、還元率が1%になります。JALカード特約店はホテルやレストラン、ゴルフ場など日本全国に約52,000店舗あるため、普段の買い物でも十分に還元率アップを狙うことが可能です。もちろん、JALグループ航空券の購入やJAL/JTA機内販売なども特約店になっています。主な特約店は以下の通りです。

JALカード特約店
・イオン
・ENEOS
・ファミリーマート
・ロイヤルホスト
・大丸・松坂屋
・マツモトキヨシ
・JAL/JTA機内販売

JALカードショッピングマイル・プレミアム加入でさらに2倍!

JAL普通カードは追加年会費3,000円(税抜)のJALカードショッピングマイル・プレミアムに加入すると還元率が2倍になります。一般加盟店でも常に100円につき1マイルの還元率1%、さらにJAL特約店での利用なら100円につき2マイルの還元率2%で利用することができます。

追加年会費3,000円(税抜)の元を取るためには、1マイル2円で換算すると年間30万円以上の利用が必要です。しかし、家賃や公共料金の支払いなどに利用していれば年間30万円のハードルは簡単に超えることができます。さらに、特約店での利用であれば、年間15万円程度で済むため、JAL普通カードを発行する際には併せてJALショッピングマイル・プレミアムに加入してもいいかもしれませんね。

jAL普通カードにはマイル以外にもお得な特典が満載!

JALビジネスきっぷ

機内販売や空港の店舗で割引!

JAL/JTAの機内販売でJAL普通カードを利用すると10%の割引を受けることができます。また、国内空港店舗では5~10%の割引、空港免税店では5%の割引を受けられるため、空港を頻繁に利用するという方にはお得なカードです。割引になる店舗は特約店になっている店舗も多いため、割引とマイルで2重のお得を味わうことができますよ!

JALビジネスきっぷで急な出張もお得!

JAL普通カードでは急な出張に最適なビジネスきっぷを利用することができます。ビジネスきっぷは当日の予約・変更や当日の購入が可能で、区画マイルが100%貯まるお得な運賃です。2枚つづりのきっぷがセットになっており、同一路線の往復、もしくは同一方向に2回利用できます。

急な出張で航空券が必要になった時にもJALビジネスきっぷを利用すれば当日でもお得な運賃を利用することが可能です!

JAL普通カードの保険

最大1,000万円の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯!

JAL普通カードには最大1,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯しています。カードを持っているだけでも保険が適用されるのでお守りの代わりとして持っていてもいいかもしれませんね。しかし、補償内容は死亡・後遺障害時と救援者費用100万円のみなので注意が必要です。

また、最大1,000万円の国内旅行傷害保険も付帯していますが、こちらは利用付帯で死亡・後遺障害時のみが補償の対象となります。

JAL普通カードと他のカードの比較

JAL普通カードと他のカードの性能について違いを説明していきます。

JAL普通カードとANA一般カードの比較

JAL普通カードと、同じく航空系カードのANA一般カードとの違いは以下の通りです。

比較対象 JAL普通カード ANA一般カード
年会費 初年度無料
2年目以降2,000円(税抜)
初年度無料
2年目以降2,000円(税抜)
ボーナスマイル 初回搭乗時に1,000マイル
フライトマイルに10%の加算
毎年1,000マイル
フライトマイルに10%の加算
基本還元率 0.5% 0.5%
マイルアップ年会費 3,000円(税抜) 6,000円(税抜)
保険 海外旅行傷害保険最大1,000万円
国内旅行傷害保険最大1,000万円
海外旅行傷害保険最大1,000万円
ショッピング保険最大100万円

ANA一般カードは航空機を利用しなくても毎年ボーナスマイルをもらうことができる点に大きなメリットがあります。しかしマイルアップの年会費はJAL普通カードの方が安いため、ショッピングでマイルを貯めたい場合にはJAL普通カードの方が向いているといえるでしょう。また、ANA一般カードではマイルが直接貯まらないため、交換の手間を掛けたくない場合にはJAL普通カードを利用するのがおすすめです。

頻繁に旅行をする方であれば普段JALとANAのどちらを使う機会が多いのかで決めるとフライトマイル分がお得になりますよ!

ANA JCB一般カードの詳細についてはこちら!
ANA JCB一般カードのメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

JAL普通カードのデメリット

JAL普通カードは安い年会費でマイルをお得に貯められるため、大きなデメリットはありません。しかし、旅行系のカードとしては保険の内容が少し弱いため、他のカードと併せて持つ必要があります。

また、VISAとMasterCardを選んだ場合はETCカードの発行手数料が1,000円(税抜)掛かってしまうのもデメリットといえるでしょう。ETCカードを利用する場合にはJCBを選ぶとお得です。

JAL普通カードを作るのにおすすめの人

JAL普通カードを発行するのに向いている人は以下のような人です。

・JALマイルを貯めたい
・旅行が好き
・出張などでJALを利用する
・JALカードを試してみたい

JAL普通カードのまとめ

JAL普通カードは入会・継続後の初回搭乗時やフライト時にボーナスマイルがもらえるため、JALマイルを貯めるには最適なカードです。追加年会費の掛かるツアープレミアムやショッピングマイル・プレミアムを利用することでお得度は跳ね上がるため、効率よくマイルを貯めたい方はそちらも利用しましょう!普段のショッピングでもマイルが貯まるため、旅行好きな方はもちろん、旅行に行きたいという方にもおすすめの1枚です。

詳細情報

基本情報

 カード名  JAL普通カード
 発行会社  株式会社ジャルカード
 申し込み資格   18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で日本国内でのお支払いが可能な方
 発行期間   約3週間
 国際ブランド    VISA、MasterCard、JCB
 年会費  初年度  無料
 2年目以降  2,000円(税抜)
家族カード  初年度  無料
 2年目以降  1,000円(税抜)
 ETCカード  年会費  無料
 備考  発行手数料1,000円(税抜)※JCBは無料
 締日   15日
 支払日   10日 

ポイントプログラム

 ポイントプログラム  JALマイレージ
 基本還元率  0.5%
 有効期限   最長3年
 専用モール  eマイルパートナー

電子マネー

 電子マネー  –
 Apple Pay  対応※JCBのみ

保険

 旅行傷害保険  海外  最大1,000万円
 国内  最大1,000万円
 ショッピング保険  最大100万円※JCBのみ
 紛失・盗難保険  ○

コメントを残す

*