ヒビマネ
クレジットカード

JAL AMEX普通カードのメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

JALアメリカン・エキスプレス・カード 普通カード

高ステータスで知られるアメリカン・エキスプレス(AMEX)とJALが提携して発行するクレジットカード、JALアメリカン・エキスプレス・カード 普通カード。一般カードのランクにも関わらず空港ラウンジを利用することができます。もちろん、JALカードならではのボーナスマイルももらえるので、旅行好きの方にはおすすめの1枚です。

今回はJAL AMEX普通カードのメリット・デメリットを徹底的に紹介していきます!JAL AMEX普通カードを作る前にカードの性能をしっかりと把握しておきましょう!

JAL AMEX普通カードの基本性能

年会費 基本還元率 国際ブランド
6,000円(税抜) 0.5%(JALマイル) AMEX

AMEXブランドが年会費6,000円で使える!

国内外で高いステータスを誇るAMEXブランドはプロパーカードの場合、一般カードであるグリーンカードでも年会費12,000円(税抜)と高額です。しかし、JAL AMEX普通カードの年会費は6,000円(税抜)と半額の年会費で利用することができるため、AMEXブランドを持ちたいという方にもおすすめです。

JAL普通カードにはAMEX以外にもVISA、MasterCard、JCNといった主要ブランドのカードもありますが、JAL AMEX普通カードはAMEXならではの上質な特典を利用することができます。

JAL普通カード(VISA、MasterCard、JCB)の詳細についてはこちら!
JAL普通カード(VISA、MasterCard、JCB)のメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

JAL AMEX普通カードはボーナスマイルがお得!

JALカードフライトマイル

毎年初回搭乗時に1,000マイルのボーナス!

JAL AMEX普通カード会員は入会後の初回搭乗時に1,000マイル、2年目以降もその年の初回搭乗時に1,000マイルのボーナスがもらえます。1マイルを2円で換算すると2,000円分の価値があるため、この特典だけでも年会費の元を取ることができますね。毎年1回でもJALの航空機に登場するという方は持っていて損のないカードと言えるでしょう!

フライトマイルに10%の加算!

JAL AMEX普通カードは通常のフライトマイルに加えて10%のボーナスマイルをもらうことができます。JALだけでなくワンワールド アライアンスの盟航空会社をはじめとしたJMB提携航空会社便が対象となるため、飛行機はLCCを利用するという方でもお得にマイルを貯めることができます。
対象航空会社

海外旅行などでは一度に獲得するマイルの量も多いため、10%のボーナスはかなり大きい加算ですよ!

ツアープレミアム加入でフライトマイルが100%貯まる

JAL AMEX普通カードは追加年会費2,000円(税抜)でツアープレミアムに加入することができます。ツアープレミアムに加入すると、通常50~75%しか貯まらない割引運賃利用時にもフライトマイルにボーナスマイルが加算されて合計で100%マイルが貯まります。対象となる割引運賃は以下の通りです。

対象割引運賃 通常のフライトマイル ツアープレミアム加入時
国際線ビジネスクラス(予約クラス:I) 70% 100%
国際線エコノミークラス(予約クラス:H/K/M)
国際線エコノミークラス(予約クラス:L/V/S/E/N/O/G/R) 50%
先得割引、スーパー先得、ウルトラ先得、乗継割引28 75%
ダイナミックパッケージ 50%
パッケージツアーに適用される個人包括旅行割引運賃

JAL AMEX普通カードはショッピングでもお得にマイルが貯まる!

JALカードショッピングマイル
JAL AMEX普通カードでは200円につき1ポイントのJALマイルが貯まります。還元率は0.5%ですが、マイルは1マイル2円以上で利用することもできるので、他のカードと比べても低い還元率ではありません。また、特約店やショッピングマイルプレミアムの加入で還元率がアップするため、マイル還元率は最大で2%にまでアップしますよ!

特約店では2倍貯まる!マイル還元率1%!

JAL AMEX普通カードはJALカード特約店で利用すると200円につき2マイルが貯まるため、還元率が1%になります。JALカード特約店はホテルやレストラン、ゴルフ場など日本全国に約52,000店舗あるため、普段の買い物でも十分に還元率アップを狙うことが可能です。もちろん、JALグループ航空券の購入やJAL/JTA機内販売なども特約店になっています。主な特約店は以下の通りです。

JALカード特約店
・イオン
・ENEOS
・ファミリーマート
・ロイヤルホスト
・大丸・松坂屋
・マツモトキヨシ
・JAL/JTA機内販売

JALカードショッピングマイル・プレミアム加入でさらに2倍!

JAL AMEX普通カードは追加年会費3,000円(税抜)のJALカードショッピングマイル・プレミアムに加入すると還元率が2倍になります。一般加盟店でも常に100円につき1マイルの還元率1%、さらにJAL特約店での利用なら100円につき2マイルの還元率2%で利用することができます。

追加年会費3,000円(税抜)の元を取るためには、1マイル2円で換算すると年間30万円以上の利用が必要です。しかし、家賃や公共料金の支払いなどに利用していれば年間30万円のハードルは簡単に超えることができます。さらに、特約店での利用であれば、年間15万円程度で済むため、JAL AMEX普通カードを発行する際には併せてJALショッピングマイル・プレミアムに加入してもいいかもしれませんね。

JAL AMEX普通カードにはマイル以外にもお得な特典が満載!

JALビジネスきっぷ

機内販売や空港の店舗で割引!

JAL/JTAの機内販売でJAL AMEX普通カードを利用すると10%の割引を受けることができます。また、国内空港店舗では5~10%の割引、空港免税店では5%の割引を受けられるため、空港を頻繁に利用するという方にはお得なカードです。割引になる店舗は特約店になっている店舗も多いため、割引とマイルで2重のお得を味わうことができますよ!

JALビジネスきっぷで急な出張もお得!

JAL AMEX普通カードでは急な出張に最適なビジネスきっぷを利用することができます。ビジネスきっぷは当日の予約・変更や当日の購入が可能で、区画マイルが100%貯まるお得な運賃です。2枚つづりのきっぷがセットになっており、同一路線の往復、もしくは同一方向に2回利用できます。

急な出張で航空券が必要になった時にもJALビジネスきっぷを利用すれば当日でもお得な運賃を利用することが可能です!

JAL AMEX普通カードは空港ラウンジサービスが利用可能!

空港ラウンジ
JAL AMEX普通カードには空港ラウンジサービスが付帯しており、日本国内の28空港に加え、ハワイにあるダニエル・K・イノウエ国際空港を併せて29空港でラウンジサービスを利用することができます。さらに、同伴者1名まで無料なので、一緒に行く相手もラウンジを利用することができます。相手がカードを持っていないと遠慮してしまうことも多い空港ラウンジですが、同伴者1名無料のサービスがあれば安心ですね!

空港ラウンジにはソフトドリンクや雑誌、インターネット環境などが用意されており、搭乗までの待ち時間を有意義に過ごすことができます。ラウンジによってはアルコール類や軽食も用意されているため、空港を利用する際の楽しみとして利用することも可能です。ラウンジが利用可能な空港は以下の通りです。

ラウンジが利用可能な空港
・新千歳空港
・函館空港
・青森空港
・秋田空港
・仙台空港
・新潟空港
・富山空港
・小松空港
・成田国際空港
・羽田空港
・中部国際空港
・関西国際空港
・伊丹空港
・神戸空港
・岡山空港
・広島空港
・米子空港
・山口宇部空港
・高松空港
・松山空港
・徳島空港
・福岡空港
・北九州空港
・大分空港
・長崎空港
・熊本空港
・鹿児島空港
・那覇空港
・ダニエル・K・イノウエ国際空港

JAL AMEX普通カードはアメリカン・エキスプレス・セレクトが利用できる!

アメリカンエキスプレス・セレクト
JAL AMEX普通カードではAMEXブランドの特典であるアメリカン・エキスプレス・セレクトを利用することができます。アメリカン・エキスプレス・セレクトはホテルやダイニング、ショッピングといったジャンルで優待を受けることができるサービスで、日本国内はもちろん世界100カ国以上に8,000以上の優待店が用意されています。

JAL AMEX普通カードの保険

最大3,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯!

JAL AMEX普通カードには最大3,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯しています。カードを持っているだけでも保険が適用されるので、面倒な手続きなどが必要ないのは嬉しいですね。さらに、最大1,000万円の家族特約もあるため、カードを持てない18歳未満の子供と旅行に行くときも安心です!具体的な補償内容は以下の通りです。

補償内容 最大補償額
死亡・後遺障害 3,000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
救援者費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携帯品損害 1旅行につき50万円

最大5,000万円の国内旅行傷害保険が自動付帯!

JAL AMEX普通カードには最大3,000万円の国内旅行傷害保険も付帯しています。こちらは最大2,000万円が自動付帯で、残り1,000万円は利用付帯です。また、最大1,000万円の家族特約もあり、充実した補償内容となっています。具体的な補償内容は以下の通りです。

補償内容 最大補償金額
死亡・後遺障害 3,000万円
入院治療 日額5,000円
通院費用 日額3,000円
手術費用 ④万・10万・20万いずれか

最大200万円のショッピング保険が付帯!

JAL AMEX普通カードには最大200万円のショッピング保険が付帯しており、カードで購入した商品が受けた損害に対して年間200万円まで補償を受けることができます。補償期間は購入日から90日間で、1事故あたり3,000円の自己負担が必要です。

JAL AMEX普通カードと他のカードの比較

JAL AMEX普通カードと他のカードの性能について違いを説明していきます。

JAL AMEX普通カードとJAL普通カードの比較

JAL AMEX普通カードと、VISA、MasterCard、JCBが選べるJAL 普通カードとの違いは以下の通りです。

比較対象 JAL AMEX普通カード JAL普通カード
年会費 6,000円(税抜) 初年度無料
2年目以降2,000円(税抜)
国際ブランド AMEX VISA、MasterCard、JCB
ボーナスマイル 初回搭乗時に1,000マイル
フライトマイルに10%の加算
初回搭乗時に1,000マイル
フライトマイルに10%の加算
保険 海外旅行傷害保険最大3,000万円
国内旅行傷害保険最大3,000万円
ショッピング保険200万円
海外旅行傷害保険最大1,000万円
国内旅行傷害保険最大1,000万円
空港ラウンジ あり なし

JAL AMEX普通カードは年会費が6,000円(税抜)とやや高いものの、保険や空港ラウンジなど旅行のためのサービスが充実しているため、マイルが貯まるJALカードとの相性が非常にいいですね。JAL普通カードは初年度無料のため、JALカードを試すのに向いていますが、物足りないと感じたらAMEXを選びましょう!

JAL普通カードの詳細についてはこちら!
JAL普通カードのメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

JAL AMEX普通カードのデメリット

JAL AMEX普通カードは年会費が6,000円(税抜)と他のブランドに比べると高く、空港サービスを利用しない方やショッピングなどでマイルを貯めたい方にはデメリットになってしまいます。しかし、ゴールドカード並の性能を持っているため、サービスを利用する方であれば割安な年会費ともいえます。

JAL AMEX普通カードを作るのにおすすめの人

JAL AMEX普通カードを発行するのに向いている人は以下のような人です。

・JALマイルを貯めたい
・旅行が好き
・出張などでJALを利用する
・AMEXのカードを持ちたい

JAL AMEX普通カードのまとめ

JAL AMEX普通カードは年会費6,000円(税抜)で充実した付帯保険やラウンジサービスを利用することができます。格安ゴールドの性能に近い、充実した旅行サービスを利用できるため、JALマイルを貯めたい旅行好きの方にはお得な1枚です。

詳細情報

基本情報

 カード名  JALアメリカン・エキスプレス・カード 普通カード
 発行会社  株式会社ジャルカード
 申し込み資格   18歳以上でご本人または配偶者に安定した収入のある方(学生を除く)
 発行期間   約3週間
 国際ブランド     AMEX
 年会費  初年度  6,000円(税抜)
 2年目以降  6,000円(税抜)
家族カード  初年度  2,500円(税抜)
 2年目以降  2,500円(税抜)
 ETCカード  年会費  無料
 備考  –
 締日   15日
 支払日   10日 

ポイントプログラム

 ポイントプログラム  JALマイレージ
 基本還元率  0.5%
 有効期限   最長3年
 専用モール  eマイルパートナー

電子マネー

 電子マネー  –
 Apple Pay  非対応

保険

 旅行傷害保険  海外  最大3,000万円
 国内  最大3,000万円
 ショッピング保険  最大200万円※JCBのみ
 紛失・盗難保険  ○

コメントを残す

*