ヒビマネ
クレジットカード

エポスカードのメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

エポスカード
公式サイトを見る

マルイでお得なカードとして有名なエポスカード。マルイで年4回の優待があるのはもちろん、マイル以外にも10,000以上の店舗に優待が用意されているどこでもお得なカードです。さらに、即日発行対応や海外旅行傷害保険自動付帯など嬉しい特典が満載のため、誰にでもおすすめできる1枚です。

今回はエポスカードのメリット・デメリットを徹底的に紹介していきます!エポスカードを作る前にカードの性能をしっかりと把握しておきましょう!

エポスカードの基本性能

年会費 基本還元率 国際ブランド
永久無料 0.5%(エポスポイント) VISA

年会費は永久無料!

エポスカードの年会費は永久無料なため、今後一切年会費が発生することはありません。カードにコストを掛けたくないという方でも気軽に発行が可能で、さらに優待が充実しいるため優待目的で所有していてもいいですね!

エポスカードの優待特典!

エポスカードマルイ優待

年4回マルイで10%の割引優待!

マルイでは年に4回、「マルコとマルオの7日間」というエポスカード会員限定の優待セールが開催されます。セール中はマイルでの買い物が10%割引になるため、この日のためだけにカードを所有していても充分にお得です。

マルコとマルオの7日間は不定期開催となっていますが、最近は3月・5月・9月・11月に開催されていることが多く、季節の変わり目で服を買い換えたいときなどに便利な特典ですよ!

10,000以上の店舗で優待!エポトクプラザがお得!

エポスカードにはマルイでの優待以外に10,000以上の店舗で優待を受けられるエポトクプラザが用意されています。エポトクプラザはロイヤルホストや松屋、SHIDAXといった大手のチェーン店を含むさまざまな店舗と提携しているため、普段の利用でもガンガン優待を受けることができますよ!具体的な優待内容は以下の通りです。

エポトクプラザ
・ロイヤルホスト:10%OFF
・松屋:無料サービス券
・楽蔵:10%OFF
・和洋創菜 びすとろ屋:10%OFF
・海鮮個室 湊一や:10%OFF
・芋蔵:お好きな焼酎1杯無料
・魚民・笑笑・白木屋・千年の宴(モンテローザグループ):ポイント5倍
・カラオケSHIDAX(シダックス):最大30%OFF+ポイント5倍
・カラオケBIG ECHO(ビッグエコー):最大30%OFF+ポイント5倍
・イオンシネマ:500円OFF
・ユナイテッドシネマ・シネプレックス:500円OFF
・タイムズレンタカー:30%OFF
・富士急ハイランド:入場料優待
・ハウステンボス:7%OFF
・日本旅行:ポイント5倍
・HIS:ポイント3倍
・APA HOTEL(アパホテル):ポイント5倍

エポスカードはネットショッピングもお得!

たまるマーケット
エポスカードには会員専用のポイントアップモール「たまるマーケット」が用意されています。

「たまるマーケット」はAmazonや楽天市場といった大手ネット通販サイトも参入している会員専用のインターネットモールで、「たまるマーケット」を経由して普段利用しているネットショップにアクセスするだけで、ポイントが最大30倍にアップします。

最低でも2倍のポイントアップがあるので還元率は1%となり、ネットショッピングをする際には高還元率カードとして利用することが可能です。「たまるマーケット」を経由してポイントアップする主なサイトは以下の通りです。

たまるマーケット
・Amazon:2倍
・楽天市場:2倍
・Yahoo!ショッピング:3倍
・LOHACO:4倍
・ベルメゾンネット:3倍
・エクスペディア:6倍
・Apple Store:3倍

エポスカードはApple Payに対応

エポスカードApple Pay
エポスカードはApple Payにも対応しており、電子マネーはQUICPayが割り当てられます。Apple Payを利用することでスマートな支払いをすることができるので、対応しているのは地味に嬉しいポイントですよね。コンビニなどで少額の決済をするときにクレジットカードを使うのは……という場合でもさっとかざすだけで支払いを済ますことができるので便利ですよ!

エポスカードは即日発行に対応!

エポスカードはカードに申し込みをしたその日の内に発行ができるため、急ぎでカードを欲しいときにも助かる1枚です。カードの受け取りは店頭での受け取りになるため、ネットから申し込みをすると待ち時間が少なくて済むのでおすすめですよ!

旅行の際にクレジットカードが必要など、急ぎでカードが必要な場合はエポスカードを発行しましょう!

エポスカードは海外旅行傷害保険が自動付帯!

エポスカードは年会費無料にも関わらず、海外旅行傷害保険が自動付帯しています。最大補償額こそ500万円と少なめですが、利用頻度の多い傷害・疾病治療費用が200万円以上あるのは嬉しいですね。傷害・疾病治療は他のカードと補償額を合算できるため、最大補償額の多いカードと合わせて持つと最大限の効果を発揮します。

実はエポスカードはクレジットカードの保険で海外旅行に行く人の間ではお得なカードとして有名で、海外旅行傷害保険目的でカードを作る人もいるくらいですよ!具体的な補償内容は以下の通りです。

補償内容 最大補償額
死亡・後遺障害 500万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 270万円
救援者費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携帯品損害 20万円

エポスカードと他のカードの比較

エポスカードと他のカードの性能について違いを説明していきます。

エポスカードとルミネカードの比較

エポスカードとよく比較されるカードはルミネカードです。ルミネカードはルミネでの10%割引などエポスカードに近い特典が付帯しています。しかし、年会費無料で利用するには年1回以上の利用という条件もあるため、エポスカードの方が使いやすいといえるでしょう。

もちろん、お得になる店舗が違うため、マルイとルミネどちらを使う機会が多いのかで選ぶのが最もお得なカードの選び方となります。

エポスカードのデメリット

エポスカードは年会費無料でお得な優待があるため、大きなデメリットはありません。しかし、還元率が0.5%と高還元率カードに比べるとやや物足りないため、優待と保険を利用するためのカードとして使うといいでしょう。高還元率カードをメインカードに据えて、優待が使える店舗ではエポスカードを使いましょう!

エポスカードを作るのにおすすめの人

エポスカードを発行するのに向いている人は以下のような人です。

・マルイで買い物をする方
・カードにコストを掛けたくない
・充実した優待特典を使いたい
・即日でカードが欲しい

エポスカードのまとめ

エポスカードはマルイはもちろん10,000以上の店舗で優待を受けることができるカードです。年会費は永久無料のため、優待を目当てにカードを発行しても一切コストが掛かりません。また、海外旅行傷害保険が自動付帯しており、旅行でも使えるカードとしてもお得な1枚です!

公式サイトを見る

詳細情報

基本情報

 カード名  エポスカード
 発行会社  株式会社エポスカード
 申し込み資格    満18歳以上(高校生は除く)
 発行期間   最短即日
 国際ブランド    VISA
 年会費  初年度  無料
 2年目以降  無料
家族カード  初年度  –
 2年目以降  –
 ETCカード  年会費  無料
 備考  –
 締日   4日
 支払日   27日

ポイントプログラム

 ポイントプログラム  エポスポイント
 基本還元率  0.5%
 有効期限   2年間
 専用モール  たまるマーケット

電子マネー

 電子マネー  楽天Edy
 Apple Pay  対応

保険

 旅行傷害保険  海外  最大500万円
 国内  –
 ショッピング保険  –
 紛失・盗難保険  ○

公式サイトを見る

コメントを残す

*