ヒビマネ
クレジットカード

ENEOSカードのメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ENEOSカード
公式サイトを見る

ENEOSのガソリンスタンドでお得なクレジットカード、ENEOSカード。S(スタンダード)、P(ポイント)、C(キャッシュバック)という3種類のカードから選ぶことができ、自分のライフスタイルに合わせたカードの使い方をすることができます。普段利用するガソリンスタンドがENEOSというドライバーの方は持っていて損のない1枚です。

今回はハワイラブカードのメリット・デメリットを徹底的に紹介していきます!ハワイラブカードを作る前にカードの性能をしっかりと把握しておきましょう!

ENEOSカードS(スタンダード)の基本情報

ENEOSカードS

年会費 基本還元率 国際ブランド
初年度無料
2年目以降1,250円(税抜)
0.6%(ENEOSポイント) VISA、JCB

実質年会費無料!

ENEOSカードSの年会費は初年度無料、2年目以降1,250円(税抜)となっていますが、年飯階以上の利用でカードの年会費を無料にすることができます。簡単な条件で年会費を無料にすることができるため、実質無料カードとして利用することができますね!カードにコストを掛けたくないという方でもENEOSカードなら安心です。

ガソリン1リッターにつき2円の値引き!

ENEOSカードSはENEOSのガソリンスタンドでガソリン・軽油が1リッターあたり2円引き、溶融が1リッターあたり1円引きされます。車に乗る頻度の多いドライバーの方にとってはガソリン代が2円違うだけでも大きなメリットとなるので、嬉しい特典ですね。

ENEOSで2%!一般加盟店でも0.6%のポイントが貯まる!

ENEOSカードSはガソリン代の値引きだけでなくポイントを貯めることもできます。一般加盟店での利用では1,000円ごとに6ポイントが貯まるため、還元率は0.6%です。さらに、ENEOSのカーメンテナンス商品をカードで購入すると1,000円ごとに20ポイントが貯まり、還元率が2%と超高還元率になります。

貯まったポイントはENEOSの利用代金に充てることができるのはもちろん、ギフトカードなどとも交換が可能です。

ENEOSカードP(ポイント)の基本情報

ENEOSカードP

年会費 基本還元率 国際ブランド
初年度無料
2年目以降1,250円(税抜)
0.6%(ENEOSポイント) VISA、JCB

年会費は初年度無料!2年目以降1,250円!

ENEOSカードPの年会費は初年度無料、2年目以降1,250円(税抜)です。S(スタンダード)では年一回以上の利用で翌年の年会費が無料になる特典がありましたが、こちらのP(ポイント)には年会費無料特典がありません。しかし、それに値する十分な特典もあるので、初年度を無料で使える分お得と言えるでしょう。

ENEOSで還元率3%!超高還元率カードとして使える!

ENEOSカードPは一般加盟店で利用すると還元率0.6%ですが、ENEOSで利用すれば1,000円につき30ポイントの3%という超高還元率カードとして利用することができます。さらに、S(スタンダード)ではENEOSのカーメンテナンス商品が対象でしたが、P(ポイント)ではガソリン代も含めたENEOSの利用料金すべてに適用されます。

ポイントをガンガン貯めて交換したいという方におすすめのカードです。

キャッシュバックはなし!

ENEOSカードPにはガソリンの値引きなどによるキャッシュバック特典はありません。直接的にお得を手にしたい場合はSかCを利用しましょう。

ENEOSカードC(キャッシュバック)の基本情報

ENEOSカードC

年会費 基本還元率 国際ブランド
初年度無料
2年目以降1,250円(税抜)
なし VISA、JCB

年会費は初年度無料!2年目以降1,250円!

ENEOSカードCの年会費は初年度無料、2年目以降1,250円(税抜)です。S(スタンダード)では年一回以上の利用で翌年の年会費が無料になる特典がありましたが、こちらのC(キャッシュバック)には年会費無料特典がありません。しかし、それに値する十分な特典もあるので、初年度を無料で使える分お得と言えるでしょう。

リッターあたり最大7円の値引き!ガソリン代金がお得に!

ENEOSカードCはENEOSのガソリンスタンドでガソリン1リッターあたり最大7円の値引きを受けることができます。カードを一カ月間で利用した代金によって値引き率が変わるため、カードを使えば使うほどお得になります。1カ月目の利用料金に応じて3カ月目のガソリン代金に値引きが適応されるサイクルのため、入会後の当月と翌月については1リッターあたり2円引きで固定されています。具体的なキャッシュバック率は以下の通りです。

月間利用額 1Lあたりの値引き
1万円未満 1円
1万円以上、2万円未満 2円
2万円以上、5万円未満 4円
5万円以上、7万円未満 5円
7万円未満 7円

ポイント還元はなし!

ENEOSカードCはポイント還元がないため、一般加盟店などで利用するのには向いていません。ENEOSで利用するためのカードとして持っておくといいでしょう!

ENEOSカードの共通特典!

ENEOSカードロードサービス

ガソリンを会員価格で購入できる!

ENEOSカードはENEOSのガソリンスタンドで利用するとガソリン代金に会員価格が適用されます。会員価格の値引き率は店舗によって異なりますが、1リットルにつき2円程度値引きされることが多いので、キャッシュバックやポイントと合わせると大きなメリットといえますね!

ロードサービスが無料付帯!

ENEOSカードには無料のロードサービスが付帯しています。全国9,500カ所に設置された拠点から30分~1時間程度で駆けつけて対応してくれるため、運転中にトラブルが合った際にも安心です。バッテリーあがりやパンク、レッカー移動(10kmまで)などの緊急サポートが必要な際にはぜひ活用しましょう!

ENEOSカードはWEB入会でガソリン1リッターあたり2円引き!

ENEOSカードWEB割引
ENEOSカードはWeb入会をすると入会の翌月から3カ月間、ENEOSのガソリンスタンドで1リッターあたり2円の割引を受けることができます。割引は100Lまでとなっているため、WEBから入会するだけで200円のお得を手にすることができますね!

この特典はC・P・Sのどれを選んでも受けることができる特典なので、キャッシュバックやポイントと併せてお得度がぐんっとあがります!

ENEOSカードはApple Payに対応

ENEOSカードApple Pay
ENEOSカードにも対応しており、電子マネーはQUICPayが割り当てられます。Apple Payを利用することでスマートな支払いをすることができるので、対応しているのは地味に嬉しいポイントですよね。コンビニなどで少額の決済をするときにクレジットカードを使うのは……という場合でもさっとかざすだけで支払いを済ますことができるので便利ですよ!

ENEOSカード作るのにおすすめの人

ENEOSカードを発行するのに向いている人は以下のような人です。

・ENEOSを利用する
・車を頻繁に利用するドライバーの方
・ロードサービスを利用したい
・クレジットカードを初めて作る

ENEOSカードのまとめ

ENEOSカードはS(スタンダード)、P(ポイント)、C(キャッシュバック)という3種類のタイプから自分のライフスタイルに合わせてカードを作ることができます。それぞれENEOSのガソリンスタンドでお得な特典があるため、ENEOSを利用するという方におすすです。また、共通特典としてロードサービスも付帯しているので、ドライバーの方は持っていて損のない1枚です。

公式サイトを見る

詳細情報

基本情報

 カード名  ENEOSカード
 発行会社  トヨタファイナンス株式会社
 申し込み資格   原則として18歳以上(高校生は不可)で電話連絡が可能な方
 発行期間   約4週間
 国際ブランド     VISA、JCB
 年会費  初年度  1,250円(税抜)
 2年目以降  無料
家族カード  初年度  無料
 2年目以降  無料
 ETCカード  年会費  無料
 備考  –
 締日   5日
 支払日   2日 

ポイントプログラム

 ポイントプログラム  ENEOSポイント
 基本還元率  0.6%(S/Pのみ)
 有効期限   2年
 専用モール  –

電子マネー

 電子マネー  QUICPay
 Apple Pay  対応

保険

 旅行傷害保険  海外  –
 国内  –
 ショッピング保険  –
 紛失・盗難保険  ○

公式サイトを見る

コメントを残す

*