ヒビマネ
クレジットカード

dカードのメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

dカード
NTTドコモが発行するドコモユーザー向けのクレジットカード、dカード。カード入会でdポイントクラブのブロンズステージの権利が与えられ、携帯補償などの保険もしっかりとついています。還元率は常に1%でローソンなどでもお得な特典があるため、ドコモユーザー以外にも嬉しい1枚です。

今回はdカードのメリット・デメリットを徹底的に紹介していきます!dカードを作る前にカードの性能をしっかりと把握しておきましょう!

dカードの基本性能

年会費 基本還元率 国際ブランド
初年度無料
2年目以降1,250円(税抜)
1%(dポイント) VISA、MasterCard

年会費は年1回以上の利用で無料!

dカードの年会費は初年度無料、2年目以降1,250円(税抜)となっていますが、年に1回以上の利用があれば翌年度の年会費が無料になるため、実質無料カードとして利用することができます。還元率1%のお得度を最大限に活かすことができる仕様となっているため、ポイントをガンガン貯めてお得に使いたいという方にもおすすめの1枚です。

dカードのポイントアップ特典!

dカードポイントアップ

dカードは100円につき1ポイントの「dポイント」を貯めることができるため、還元率は1%です。クレジットカードの還元率は1%以上であれば高還元率と言われているため、dカードも高還元率カードです。しかし、dカードにはさらにポイントアップ特典があるため、上手く利用すればさらに高還元率で効率よくポイントを貯めることができます。

dカード特約店でポイントアップ!

dカードは全国にあるdカード特約店で利用するとポイントが2倍以上になるため、お得にポイントを貯めることができます。dカード特約店にはカードの支払で貯まる店舗と後払いの電子マネーiDで貯まる店舗があるため、それぞれ店舗によって使い分けるとポイントがガンガン貯まっていきます!以下はポイントアップする主なdカード特約店です。

dカード、iDどちらでも貯まる
・ENEOS:2倍
・第一園芸:2倍
・東京無線タクシー:2倍
・伊達の牛たん本舗:3倍
・紳士服のコナカ:3倍

dカード支払いのみ
・JAL:2倍
・リンベル:5倍
・髙島屋:2倍

iD支払いのみ
・タワーレコード:2倍
・ビッグエコー:3倍
・ジェイアンドジェイグループ:4倍

ローソンでは還元率5%!

dカードはローソンで利用すると3%の割引を受けることができます。近所のコンビニがローソンという方はいつでも3%の割引を受けることができるのでお得ですね。さらに、カード利用時のポイント還元が1%貯まるのに加え、ローソンはdカード特約店に指定されているため1%のポイントが付くので、合計5%の還元率となります。

ローソンでのお得度はPontaカードを上回るため、ドコモユーザーの方以外でも持っていて損のないカードと言えるでしょう!

ネットショッピングでポイント最大26倍!

dカードには会員専用のポイントアップモール「dカードポイントUPモール」が用意されています。

「dカードポイントUPモール」Amazonや楽天市場といった大手ネット通販サイトも参入している会員専用のインターネットモールで、「dカードポイントUPモール」を経由して普段利用しているネットショップにアクセスするだけで、ポイントが最大26倍にアップします。

最低でも1.5倍のポイントアップがあるので還元率は1.5%となり、ネットショッピングをする際には高還元率カードとして利用することが可能です。「dカードポイントUPモール」を経由してポイントアップする主なサイトは以下の通りです。

dカードポイントUPモール
・Amazon:1.5倍
・楽天市場:1.5倍
・Yahoo! ショッピング:1.5倍
・LOHACO:2倍
・ベルメゾンネット:1.5倍
・グルーポン:2.5倍
・エクスペディア:3.5倍

dカードはdポイントクラブのブロンズステージになれる!

dカードに入会するとdポイントクラブの優待特典があります。dポイントクラブは6カ月間で獲得したdポイントに応じてステージが決まり、ステージごとに優待特典のあるポイントプログラムです。dカードに入会すると自動的にブロンズステージの特典を利用することができるため、お得に利用することができます。

また、ステージごとにドコモの携帯回線やインターネット回線の利用料金に応じてdポイントが貯まるため、ドコモユーザーの方はお得にポイントを貯めることができますよ!

ステージ 条件(いずれか) 獲得ポイント(1,000円につき)
レギュラーステージ 6カ月間に600ポイント未満 10ポイント
ブロンズステージ 6カ月間に600ポイント以上
dカード所持
ドコモ継続利用10年以上
10ポイント
シルバーステージ 6カ月間に3,000ポイント以上
ドコモ継続利用15ネ年以上
10ポイント
ゴールドステージ 6カ月間に10,000ポイント以上
dカードGOLD所持
100ポイント

ブロンズステージはスペシャルクーポンが使える!

dポイントクラブのブロンズステージでは映画館やレジャーでお得なスペシャルクーポンを利用することができます。具体的な優待内容は以下の通りです。

スペシャルクーポン特典
・イオンシネマ映画観賞券:通常1,800円が1,100円
・新江ノ島水族館:通常2,100円が1,575円
・スポーツクラブNAS:一回1,620円
・ラフィネギフトカード:通常2,160円が1,940円

dカードの電子マネー対応

dカードApple Pay

電子マネーiDが使える!

dカードでは電子マネーiDを無料で利用することができます。iDはポストペイ方式の電子マネーでクレジットカードと紐付けることによってチャージなしでスムーズに支払いを済ますことが可能です。dカード特約店にはクレジットカード支払いでポイントアップする店舗とiD支払いでポイントアップする店舗があるため、上手く使い分けてお得を手に入れましょう!

Apple Payに対応

dカードはApple Payにも対応しており、電子マネーはiDが割り当てられます。Apple Payを利用することでスマートな支払いをすることができるので、対応しているのは地味に嬉しいポイントですよね。コンビニなどで少額の決済をするときにクレジットカードを使うのは……という場合でもさっとかざすだけで支払いを済ますことができるので便利ですよ!

dカードの保険

最大100万円の海外ショッピング保険が付帯

dカードには最大100万円の海外ショッピング保険が付帯しており、海外で購入した商品が受けた損害に対して年間100万円まで補償を受けることができます。補償期間は購入日から90日間で、1事故あたり3,000円の自己負担が必要です。国内ではリボ払い、もしくは3回以上の分割払いで購入した商品が対象となっています。

dカードケータイ補償

dカードではドコモの携帯電話が購入から1年以内に故障や紛失してしまった際に最大10,000円までの補償を受けることができる、dカードケータイ補償を利用することができます。ドコモが発行するdカードならではのサービスであるため、ドコモユーザーの方は持っておきたいカードですね!

dカードのデメリット

dカードは年会費実質無料で使うことができるため、大きなデメリットはありません。しかし、ブロンズステージの特典としてもらえるポイントはレギュラーステージのものと変わりがなく、さらにdカードで支払いをすると携帯料金支払い分の1%が貯まらないため、携帯料金の支払には別のカードを利用するのがいいでしょう。

dカードを作るのにおすすめの人

dカードを発行するのに向いている人は以下のような人です。

・ドコモユーザーの方
・高還元率カードが欲しい
・ローソンを利用する
・カードにコストを掛けたくない

dカードのまとめ

dカードは年会費実質無料で利用することができる、誰でもお得なカードです。還元率は常に1%で、ローソンであれば最大5%の還元率となるため、コンビニでお得なカードとして利用することもできます。dポイントクラブのブロンズステージになることもできるため、ドコモユーザーの方であればさらにお得な1枚です。

詳細情報

基本情報

 カード名  dカード
 発行会社  株式会社NTTドコモ
 申し込み資格   高校生を除く満18歳以上の方
 発行期間   最短5営業日
 国際ブランド    VISA、MasterCard
 年会費  初年度  無料
 2年目以降  1,250円(税抜)
家族カード  初年度  無料
 2年目以降  400円(税抜)
 ETCカード  年会費  500円
 備考  初年度無料、年1回以上の利用で翌年度無料/span>
 締日   15日
 支払日   10日

ポイントプログラム

 ポイントプログラム  dポイント
 基本還元率  1%
 有効期限   獲得した月2年
 専用モール  dカードポイントUPモール

電子マネー

 電子マネー  iD
 Apple Pay  対応

保険

 旅行傷害保険  海外  –
 国内  –
 ショッピング保険  最大100万円
 紛失・盗難保険  ○

コメントを残す

*