ヒビマネ
クレジットカード

クレジットカードの仕組みを徹底解説!メリットや支払い、注意点がわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クレジットカードの仕組み
普段の買い物から公共料金の支払いなど、様々な場面で利用できるクレジットカードですが、その仕組みをよく知らないまま使っているという方は多いようです。そこで今回は、クレジットカードの基本的な仕組みについて解説します。

クレジットカードの仕組み

クレジットカード決済には利用者、店舗、カード会社という3つの立場が関わっています。まず、決済の流れを簡単に表すと以下のようになります。

クレジットカード決済の流れ1.利用者はクレジットカードを使って店舗から商品を購入する
2.カード会社は利用者に代わって商品代金を店舗に支払う
3.利用者の口座からクレジットカード利用分の代金が引き落とされる

クレジットカードの仕組みは、この3者の関わりによって成立しています。ここでは利用者、店舗、カード会社それぞれの役割について詳しく説明していきます。

利用者

利用者とは、クレジットカードを利用して商品を購入する人のことです。現金がなくても店舗で商品を購入することができ、毎月利用した分の金額を後日カード会社から請求されます。

店舗

店舗とは、カード会社と加盟店契約をしているお店のことです。店舗はクレジットカード利用分の代金をカード会社に請求し、請求金額から手数料を差し引いた金額がカード会社によって支払われます。

カード会社

カード会社とは、クレジットカードを発行している会社のことです。利用者のクレジットカード利用分の代金を立て替えて店舗に代金を支払い、また、カード会社が立て替えた金額は、1ヶ月毎にまとめられて利用者の口座から引き落とされます。

クレジットカードのメリット

クレジットカードは利用者、店舗、カード会社の3者にそれぞれメリットがある仕組みになっています。ここではクレジットカード決済におけるそれぞれの立場のメリットについて紹介します。

利用者のメリット

まず、利用者は現金の持ち合わせがない時でも、クレジットカードを1枚持ってさえいれば支払いができるというメリットがあります。多額の現金や細かい小銭を常に持ち歩かずに済み、いちいちATMでお金をおろす必要がなくなります。

また、クレジットカードの利用代金は後日請求されるので、お金が出ていくタイミングを先延ばしにできるため、給料日前などお金がない時でも支出の負担を抑えながら使う事ができます。

店舗のメリット

店舗は顧客の購入機会損失を防ぐことができるというメリットがあります。購入機会の損失とは、売る側の都合により本来なら販売できたはずの商品が販売できない場合の損失の事です。クレジットカードを利用できる店であれば、顧客は手元の現金を気にせずに買い物ができ、また状況に応じた支払い方法を選択できるようになるので、それだけ販売チャンスに繋がります。

また、現金払いに比べてクレジットカード決済をする顧客は1人あたりの支払金額が高いという傾向があり、売上アップにも繋がる場合があります。

カード会社のメリット

クレジットカードが店舗で使われた場合、カード会社は店舗から数%の手数料を徴収することで利益を上げています。また、利用者が分割払いなどを選択した時に払う手数料や、クレジットカードに設定されている年会費もカード会社の収益源となっており、クレジットカードが使われることでクレジットカード会社にもメリットがあります。

国際ブランドと発行会社の仕組み

クレジットカード会社には決済システムを提供している国際ブランドと、その決済システムを利用してカードを発行している発行会社の二つの会社があります。国際ブランドはVISAやMastercard、JCBといった会社があたり、楽天カードを発行している楽天やイオンカードを発行しているイオンなどが発行会社にあたります。

発行会社は国際ブランドの決済システムを借りて、独自のサービスで差別化を行いながらカードを発行しています。

分割払いとリボ払いの仕組み

クレジットカードでの支払いは一括払いの他、分割払い、リボ払いなど多様な支払い方法があります。ここでは混同されやすい分割払いとリボ払いについて説明します。

分割払い

分割払いは、代金を複数回(月)に分割して支払う方法です。支払い1回毎に金利手数料が発生するので、同じ商品を一括払いで購入する場合より支払い総額は多くなりますが、月当たりの負担が軽くなるためキャッシュフローの観点からはメリットがあります。

リボ払い

リボ払い(リボルビング払い)は、利用額に関わらず毎月一定の金額を支払う方法です。いくら利用しても毎月の支払い金額が変わらない分、支払い期間は長引く事になります。また、毎月の支払い金額には金利手数料も含まれますが、未払い残高に応じた金利がかかってくるので利用のしすぎには注意が必要です。

締め日と支払い日の仕組み

クレジットカードには「締め日」と「支払い日」という2つの期日が定められています。これらの違いも理解しておきましょう。

締め日

締め日とは、クレジットカードの請求金額が確定する日です。先月の締め日から今月の締め日までに利用した合計金額が請求される事になります。あくまで請求金額が決まる日なので、お金の支払いはありません。

支払い日

支払い日とは、締め日に確定した金額が実際に口座から引き落とされる日です。支払い日に残高が不足している場合、滞納として扱われ督促の対象になってしまうので気を付けましょう。

クレジットカードの限度額の仕組み

限度額とは、クレジットカードを利用できる上限金額の事で、カードの申し込み時の審査で個別に設定されるものです。限度額に達した時点で、そのクレジットカードは利用できなくなってしまいます。また、限度額の内訳にショッピング枠とキャッシング枠の2種類があります。

ショッピング枠

ショッピング枠は、通常の買い物の決済に利用できる上限金額の事です。このショッピング枠の限度額がクレジットカード自体の限度額として割り当てられるのが一般的です。

キャッシング枠

キャッシング枠は、クレジットカードを使って現金を借りる事のできる上限金額の事です。カードのキャッシング機能を利用すれば、銀行やコンビニのATMから現金を引き出して利用することができます。扱いとしては借金と変わりないので、当然金利がかかってくるという事に注意しましょう。また、キャッシング枠はショッピング枠の中に含まれます。

クレジットカードの仕組みまとめ

今回はクレジットカードの仕組みや基礎的な知識について解説しました。その便利さ故、日常的に何気なく使いがちなクレジットカードですが、その仕組みについて正しく理解しながら、より便利で賢く活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*