ヒビマネ
クレジットカード

Booking.comカードのメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Booking.comカード

VISAの代名詞ともいえる三井住友カードと国内外のホテルを格安で予約できるBooking.comが提携して発行するカード、Booking.comカード。Booking.comカード専用サイトでは6%という高還元率で利用することができ、さらにBooking.comのGenius会員になることができます。海外・国内旅行傷害保険も付帯しているため、旅行好きの方におすすめの1枚です。

今回はBooking.comカードのメリット・デメリットを徹底的に紹介していきます!Booking.comカードを作る前にカードの性能をしっかりと把握しておきましょう!

Booking.comカードの基本性能

年会費 基本還元率 国際ブランド
無料 1%(キャッシュバック) VISA

年会費無料!使いやすいVISAで安心!

Booking.comカードの年会費は無料となっており、カードにコストを掛けたくないという方でも気軽に利用することができます。国際ブランドはVISAのみとなっていますが、VISAは世界中で加盟店数No1を誇る国際ブランドであるため、国内外のどこでも使いやすいのが特徴です。

1,000ポイントごとに自動でキャッシュバック!

Booking.comカードでは100円につき1ポイントが貯まり、1,000ポイントが貯まると1ポイント1円としてキャッシュバックが行われます。キャッシュバックの条件はカードを利用することとなっており、例えば3月末に1,000ポイントが貯まっていた場合、4月にカードを利用すると5月26日に引き落としが行われ、その一か月後の6月26日に自動的にキャッシュバックが行われます。

キャッシュバックは引き落とし口座に振り込まエれるため、ポイントの交換が面倒という方でもカードを使っていればお得を手にすることができますよ!

Booking.comカードキャッシュバック

Booking.comカードはBooking.comをお得に使える!

Booking.comお得

専用サイトからの予約で還元率6%!

Booking.comにあるBooking.comカード専用サイトから予約を行い、ホテルの代金をBooking.comカードで決済するとポイントが5%貯まります。基本還元率の1%と合わせて合計6%のポイントが貯まるためホテルを予約する際には大きなお得を手にすることが可能です。

Genius会員にアップグレード

Booking.comカードでは入会特典として先着5万名にBooking.comの上級会員であるGenius会員へのアップグレードを行っています。Genius会員になれば一部のホテルで宿泊料金が10%割引になったり、レイトチェックアウトが利用できたりのメリットがあります。他にもウェルカムドリンクや無料空港シャトルなどが利用できるため、

Booking.comカードはApple Payに対応

Booking.comカードはApple Payにも対応しており、電子マネーはiDが割り当てられます。Apple Payを利用することでスマートな支払いをすることができるので、対応しているのは地味に嬉しいポイントですよね。コンビニなどで少額の決済をするときにクレジットカードを使うのは……という場合でもさっとかざすだけで支払いを済ますことができるので便利ですよ!

Booking.comカードの保険

最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

Booking.comカードには最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。300万円までは自動付帯となっており、年会費無料のカードとしては充実した補償内容となっています。

補償内容 最大補償金額
死亡・後遺障害 2,000万円(1,700万円利用付帯)
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 2,500万円
携帯品損害 20万円
救援者費用 150万円

最大2,000万円の国内旅行傷害保険が付帯

Booking.comカードには最大2,000万円の国内旅行傷害保険んが付帯しています。こちらも300万円が自動付帯となっており、1,700万円が利用付帯です。また、国内旅行傷害保険に関しては死亡・後遺障害時のみとなっており、入院・通院の費用は補償されないので注意しましょう。

最大100万円のショッピング保険が付帯

Booking.comカードには最大100万円のショッピング保険が付帯しており、購入した商品が受けた損害に対して年間100万円まで補償を受けることができます。補償期間は購入日から90日間で、1事故あたり3,000円の自己負担が必要です。国内ではリボ払い、もしくは3回以上の分割払いで購入した商品が対象です。

Booking.comカードのデメリット

Booking.comカードは年会費無料ながら旅行で使えるお得な特典が付帯しているため、大きなデメリットはありません。しかし、ポイントの有効期限が1年となっており、最低交換ポイントが1,000ポイントであることからカードを年間10万円以上利用しない方はお得度がさがってしまいます。もちろん、Booking.comを利用するのであればさらに還元率が上がるため、年間利用額が少なくてもキャッシュバックを受けることができます。

Booking.comカードを作るのにおすすめの人

Booking.comカードを発行するのに向いている人は以下のような人です。

・旅行好き
・Booking.comを利用する
・出張などがある方
・カードにコストを掛けたくない

Booking.comカードのまとめ

Booking.comカードはホテルをお得に予約することができるカードです。専用のサイトからホテルを予約することで還元率は6%となり、貯まったポイントは自動でキャッシュバックされます。また、Booking.comのGenius会員になることもでき、海外・国内旅行傷害保険が最大2,000万円付帯しているため、旅行の際には持っておきたい1枚です。

詳細情報

基本情報

 カード名  Booking.comカード
 発行会社  三井住友カード株式会社
 申し込み資格   満18歳以上の方(高校生は除く)
 発行期間    約2週間
 国際ブランド    VISA
 年会費  初年度  無料
 2年目以降  無料
家族カード  初年度  –
 2年目以降  –
 ETCカード  年会費  500円(税抜)
 備考  初年度無料、年1回以上の利用で翌年度無料
 締日   月末
 支払日   26日

ポイントプログラム

 ポイントプログラム  キャッシュバック
 基本還元率  1%
 有効期限   ポイント獲得月から1年間
 専用モール  –

電子マネー

 電子マネー  iD、nanaco
 Apple Pay  対応

保険

 旅行傷害保険  海外  最大2,000万円
 国内  最大2,000万円
 ショッピング保険  最大100万円
 紛失・盗難保険  ○

コメントを残す

*