ヒビマネ
クレジットカード

ブラックカードとは?最高ランクのクレジットカードの入手方法とサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クレジットカードを持っている人なら、ブラックカードという名前は聞いたことがあるでしょう。しかし、多くの人にとって、聞いたことはあっても日頃よく目にするカードではありません。そのため、「ゴールドカードより上のカード」「夢のようなサービスが受けられる」といった漠然としたイメージで語られることも多く、その実態は広く知られていません。今回はそんなブラックカードについて詳しく解説していきます。

ブラックカードとは?

ブラックカードとは、クレジットカードのランクで最上位に位置するカードのことを言います。入会条件やサービス内容について公表されている情報が少なく、所有者の数も多くはないため、ブラックカードは謎に包まれているというイメージの強いカードです。そうした希少性もあり、クレジットカードの中では、ゴールドカードやプラチナカードを超える最上級のステータス性があります。

ブラックカードを持つにはインビテーションが必要

原則として、ブラックカードはカード会社からのインビテーション(招待)を受けなければ申し込むことができません。インビテーションの明確な基準は公表されていませんが、一般的には、ゴールドカードかプラチナカード会員になった上で、以下の条件を満たしている人ほど招待されやすいと言われています。

ブラックカードの条件・ゴールドカード、またはプラチナカードで利用実績を積んでいる
・年収が高い(1,000万円以上)
・カードの年間利用額が高い(300万円以上)
・社会的地位が高い
・持ち家が高級住宅である、または高級住宅地に居住している

年会費の高さも特徴の一つ

ブラックカードの年会費は、カードによって違いがあるものの、いずれも数万円~数十万円と高額になっています。年会費が高い分、豪華な特典やサービスが用意されているのです。こうした金額設定から、ブラックカードは経済的に余裕のある高所得者や富裕層に向けられたカードと言えるでしょう。

ブラックカードを持つメリット

ブラックカードのメリットは、何と言ってもその極めて高いステータス性と、それに相応しい最高級のサービスが利用できることにあります。単に会員サービスや付帯保険の内容がグレードアップするだけでなく、ブラックカードならではの特別なサービスも用意されています。

専用のコンシェルジュサービスが利用可能

ブラックカードには、会員のあらゆる要望に24時間いつでも対応してくれる、専用のコンシェルジュサービスが用意されています。コンシェルジュに頼めば、旅行に必要なチケットやホテルを代わりに手配してくれたり、予約の取りづらいレストランの確保や、団体での居酒屋の予約なども任せることができるので、様々な場面で活躍してくれるでしょう。

利用限度額は個別に設定される

ブラックカードの利用限度額は、基本的に一律の制限が設けられていません。そのため、通常のカードではできない非常に高額な決済も可能になります。しかし、利用限度額に上限が無いという訳ではなく、会員一人一人の利用実績に応じて個別に設定されているようです。

日本で入手できるブラックカードを紹介

ここからは、日本国内で入手できるブラックカードの内、知名度の高い4つのカードを紹介していきます。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(アメックス・センチュリオン)は世界で初めて作られたブラックカードです。最高峰のステータスカードとしてその名が知られており、ブラックカードの中でも入手するのが最も難しいと言われています。その年会費は35万円と飛び抜けて高く、さらに入会金として別途50万円が必要です。提供される特典やサービスは他のブラックカードと比べても別格とされており、「NO」と言わないことで有名な専任のコンシェルジュサービスが代表的です。他にも、提携ホテルの部屋や飛行機の座席クラスのグレードアップなど、旅行の際に便利なサービスが特に充実しています。

アメックス・センチュリオンを手に入れるためのアメックス・ゴールド
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス・ゴールド)のメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

JCBザ・クラス

JCBザ・クラスは、日本発の国際ブランドであるJCBの最上位カードです。年会費は5万円と、ブラックカードとしては安価に所有できるのが魅力です。さらに、会員には年に一度「ザ・クラス メンバーズ・セレクション」というカタログギフトが贈られ、2万円~3万円相当の商品を貰うことができます。そのため、実質的な年会費負担は約半分と考えることもでき、ブラックカードの中でもコストパフォーマンスに優れたカードと言えます。日本企業であるため国内で利用できるサービスが充実しており、特にJCBがオフィシャルスポンサーである東京ディズニーリゾートで利用できる優待サービスや特典が豊富にあります。

JCBザ・クラスを手に入れるためのJCBゴールド
JCBゴールドのメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースクラブ プレミアムカード(ダイナースプレミアム)は、アメックス・センチュリオンと並ぶ高いステータス性があることで有名です。近年ではダイナースクラブの審査基準が低下傾向にあるため、比較的入手しやすくなったと言われています。年会費は13万円、グルメ関係の特典が充実しているのが特徴で、対象レストランで1名分のコース料金が無料になるサービスや、会員限定のコースや優待を受けられる「おもてなしプラン」といったサービスがあります。また、ポイントの還元率は1.5%で有効期限が無く、1ポイントが1マイルに交換できるため、カードの利用でマイルを貯めやすいという利点もあります。

LUXURY CARD

LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)は、Mastercard最上位ランクである「ワールドエリートMastercard」の提携カードで、新生銀行グループのアプラスが発行しています。チタン(年会費5万円)、ブラック(年会費10万円)、ゴールド(年会費20万円)と3段階のランクに分けられており、その内チタンカードとブラックカードはインビテーション不要で入会の申し込みが可能となっています。また、券面はすべて金属製の高級感溢れるデザインなのも大きな特徴です。提供される特典としては、リムジンでの送迎サービスに映画館や美術館での優待など、このカードならではのユニークなサービスが揃っています。

まとめ

ブラックカードはその高いステータス性もさることながら、通常のクレジットカードでは味わえない豪華なサービスも大きな魅力であり、憧れる人の多いカードです。しかし、高い年会費を払うことになる以上、それに見合うだけの価値を見出してこそ持つ意味のあるカードと言えます。また、審査基準など不明な点も多く、基本的にはそう簡単に手に入るものではありません。ブラックカードを取得するには、下位のカードで地道に利用実績を積み重ねていくことが大切でしょう。

コメントを残す

*