ヒビマネ
クレジットカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ANAアメックスカード
公式サイトを見る

日本の航空会社ANAとステータスのある国際ブランドとして知られるアメリカン・エキスプレスが提携して発行するクレジットカード、ANAアメリカン・エキスプレス・カード(ANA AMEXカード)。ANAカードならではのボーナスマイルに加え、アメックスの上質なトラベル&エンターテイメントサービスが利用できるため、旅行でお得な1枚です。

今回はANA AMEXカードのメリット・デメリットを徹底的に紹介していきます!ANA AMEXカードを作る前にカードの性能をしっかりと把握しておきましょう!

目次

ANA AMEXカードの基本性能

年会費 基本還元率 国際ブランド
7,000円(税抜) 0.5%(メンバーシップ・リワード) AMEX

年会費は7,000円とお得な価格!

ANA AMEXカードの年会費は7,000円(税抜)です。アメックスの一般カード(グリーンカード)は年会費12,000円(税抜)であるため、7,000円(税抜)という年会費はお得な価格と言えるでしょう。一般カードながら空港ラウンジや充実した保険などゴールドカードに匹敵する特典が付帯しているため、年会費7,000円(税抜)分の価値は十分にあります!

ANA AMEXカードはポイントをマイルにお得なレートで交換可能!

ANAアメックスポイント移行コース
ANA AMEXカードでは1,000円につき1ポイントの「メンバーシップリワード」が貯まります。通常「メンバーシップ・リワード」は1ポイント0.3円相当での交換になることが多いですが、マイルへの交換をする場合には2,000ポイントを1,000マイルに交換することができるため、還元率が0.5%に上がります。さらにマイルへの交換レートを上げる方法もあるため、上手く活用してみてください。

ポイント移行コースでマイル還元率1%!

ANA AMEXカードでは2,000ポイント1,000マイルに交換することができるためマイル還元率0.5%ですが、年会費6,000円(税抜)の「ポイント移行コース」に登録すると1,000ポイント1,000マイルで交換することができるため、マイル還元率が1%になります。

通常のアメックスカードでANAマイルに交換する場合、年会費3,000円(税抜)の「メンバーシップ・リワード・プラス」と年会費5,000円(税抜)の「メンバーシップ・リワード ANAコース」合わせて8,000円(税抜)の追加年会費が必要になるため、元の年会費12,000円(税抜)と合わせると20,000(税抜)円の年会費が必要です。

ANA AMEXカードであれば、追加年会費と合わせて12,000円(税抜)でマイル還元率1%を達成することができるため、ANAマイルへの交換であればお得度の高いカードです。

ポイント移行コースでポイントの有効期限が無期限に!

「ポイント移行コース」に加入していると、通常有効期限3年の「メンバーシップ・リワード」が無期限で貯まるようになります。ポイント有効期限が無期限であれば、使いたいときに使いたい量だけANAマイルに交換することで実質ANAマイルを無期限で貯めることができるため、非常にお得度が高いです。

また、「メンバーシップ・リワード」の有効期限である3年を目安に加入することで、実質年会費2,000円(税抜)でマイル還元率1%にすることもできますよ!

ANA AMEXカードのポイントアップ特典!

ANAカードマイルプラス

ANAカードマイルプラス提携店でお得に使える!

ANA AMEXカードはANAカードマイルプラス提携店で利用すると通常の「Oki Dokiポイント」に加えて、0.5%~1%のANAマイルを直接貯めることができます。10マイルコースを選んでいる場合では、最大2%のマイルを貯めることができるので、効率よくマイルを貯めることが可能ですね。主なANAカードマイルプラス提携店は以下の通りです。

ANAカードマイルプラス提携店
・セブン-イレブン
・マツモトキヨシ
・スターバックス
・高島屋
・アート引越センター
・ANA国内線・国際線 航空券・機内販売
・ニッポンレンタカー

ANAグループ利用で還元率2.5%!

ANA AMEXカードはANAグループで利用するとポイントが1.5倍になるため、「ポイント移行コース」に加入していれば還元率1.5%で利用することができます。さらに、ANAグループはANA特約店にもなっているため、追加で1%のマイルを直接貯めることができ、合計マイル還元率は2.5%と高還元率です。ANAグループ利用で対象となるのは以下の通りです。

対象商品
・航空券:ANAウェブサイト、ANA国内線予約・案内センター、ANA国際線予約・案内センター、ANAカウンターにおける航空券の購入
・機内販売:ANA国内線、国際線およびエアージャパン便での機内販売品
・旅行商品:ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANAワンダーアース
・通信販売:オンラインショップ「A-style」

ボーナスポイント・パートナーズで最大ポイント10倍!

ANA AMEXカードでは「ボーナスポイント・パートナーズ」という提携店でのポイントアップ特典が用意されています。ポイントアップ倍率は2・3・5・10倍と種類があり、最大で10倍のポイントアップになるので効率よくポイントを貯めることができます。主な提携店とポイントアップ倍率は以下の通りです。

ボーナスポイント・パートナーズ
・じゃらん :2倍
・高島屋オンラインストア :2倍
・たかの友梨ビューティクリニック :2倍
・白良荘グランドホテル :3倍
・かつうら御苑 :3倍
・FLYMEe (フライミー):5倍
・ドゥ・ラ・メール 公式オンラインショップ ;10倍

ANA AMEXカードはボーナスマイルがお得!

ANAカードボーナス
ANA AMEXカードでは毎年のカード継続時やANA便のフライト時にボーナスマイルをもらうことができます。ボーナスマイルだけでも、充分にANA AMEXカードを持つメリットがありますよ!

毎年カード入会・継続時に1,000マイルのボーナス!

ANA AMEXカードはカードに入会すると1,000マイル、さらに2年目以降もカード継続時に1,000マイルと毎年ボーナスマイルをもらうことができます。1マイルを2円で換算すればこれだけでも年会費の元をほとんど取ることができるのでお得ですね。JALカードの場合は搭乗しないとボーナスポイントをもらうことができませんが、ANAカードは搭乗しなくてももらえるので陸マイラーの方におすすめです。

フライトマイルに10%の上乗せ!

ANA AMEXカードは通常のフライトマイルに加えて10%のボーナスマイルをもらうことができます。ANAだけでなくスターアライアンスの盟航空会社をはじめとした提携航空会社便が対象となるため、飛行機はLCCを利用するという方でもお得にマイルを貯めることができます。

海外旅行などでは一度に獲得するマイルの量も多いため、10%のボーナスはかなり大きい加算ですよ!

ANA AMEXカードのトラベルサービス

空港ラウンジ

空港ラウンジが同伴者1名まで無料!

ANA AMEXカードには空港ラウンジサービスが付帯しており、日本国内の28空港に加え、ハワイと韓国の海外2空港を合わせて30空港でラウンジサービスを利用することができます。さらに、同伴者1名まで無料なので、一緒に行く相手もラウンジを利用することができます。相手がカードを持っていないと遠慮してしまうことも多い空港ラウンジですが、同伴者1名無料のサービスがあれば安心ですね!

空港ラウンジにはソフトドリンクや雑誌、インターネット環境などが用意されており、搭乗までの待ち時間を有意義に過ごすことができます。ラウンジによってはアルコール類や軽食も用意されているため、空港を利用する際の楽しみとして利用することも可能です。ラウンジが利用可能な空港は以下の通りです。

ラウンジが利用可能な空港
・新千歳空港
・函館空港
・青森空港
・秋田空港
・仙台空港
・新潟空港
・富山空港
・小松空港
・成田国際空港
・羽田空港
・中部国際空港
・関西国際空港
・伊丹空港
・神戸空港
・岡山空港
・広島空港
・米子空港
・山口宇部空港
・高松空港
・松山空港
・徳島空港
・福岡空港
・北九州空港
・大分空港
・長崎空港
・熊本空港
・鹿児島空港
・那覇空港
・ダニエル・K・イノウエ国際空港
・仁川国際空港

手荷物無料宅配サービスなどさまざまな特典が使える!

ANA AMEXカードは手荷物無料宅配サービスを利用することができ、海外旅行の出発・帰国時にスーツケース1個までを自宅に無料で配送してもらうことが可能です。また、そのほかにもさまざまなサービスが付帯しており、旅行の際に充実の特典を楽しむことができます。主なトラベルサービスは以下の通りです。

その他のトラベルサービス
・グローバル・ホットライン
・アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク
・アメリカン・エキスプレス・セレクト
・空港クロークサービス

ANA AMEXカードにはマイル以外にもお得な特典が満載!

ANAビジネスきっぷ

機内販売や空港の店舗で割引!

ANA国内選・国際線の機内販売でANA AMEXカードを利用すると10%の割引を受けることができます。また、空港内店舗「ANA FESTA」でも10%の割引を受けられるため、空港を頻繁に利用するという方にはお得なカードです。割引になる店舗は特約店になっている店舗も多いため、割引とマイルで2重のお得を味わうことができますよ!

ANAビジネスきっぷで急な出張もお得!

ANA AMEXカードでは急な出張に最適なビジネスきっぷを利用することができます。ビジネスきっぷは当日の予約・変更や当日の購入が可能で、区画マイルが100%貯まるお得な運賃です。2枚つづりのきっぷがセットになっており、同一路線の往復、もしくは同一方向に2回利用できます。通常の料金よりも最大約43%安い運賃で利用することができるため、お得に移動することが可能です。

急な出張で航空券が必要になった時にもANAビジネスきっぷを利用すれば当日でもお得な運賃を利用することが可能です!

ANA AMEXカードはApple Payに対応

ANAアメックスApplepay
ANA AMEXカードはApple Payにも対応しており、電子マネーはQUICPayが割り当てられます。Apple Payを利用することでスマートな支払いをすることができるので、対応しているのは地味に嬉しいポイントですよね。コンビニなどで少額の決済をするときにクレジットカードを使うのは……という場合でもさっとかざすだけで支払いを済ますことができるので便利ですよ!

ANA AMEXカードの保険

最大3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯!

ANA AMEXカードには最大5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯してます。利用付帯のためカードを旅行代金の支払いに利用した場合が対象ですが、航空機を利用する際にはこのカードで決済すればお得なので使う機会は多いです。また、家族特約もあり、本会員と生計を共にする同居の親族、別居の未婚の子供にも最大1,000万円の保険が適用されるため、家族旅行でも役立つ1枚です。具体的な補償内容は以下の通りです。

最大補償額 補償内容 家族特約
死亡・後遺障害 3,000万円 1,000万円
傷害治療 100万円 100万円
疾病治療 100万円 100万円
救援者費用 200万円 200万円
賠償費用 3,000万円 3,000万円
携行品損害 30万円 30万円

最大3,000万円の国内旅行傷害保険が付帯!

ANA AMEXカードには最大3,000万円の国内旅行傷害保険も付帯しています。家族特約も最大1,000万円まで付帯しているので、家族旅行の時でも安心です。

最大200万円のショッピング保険が付帯

ANA AMEXカードには最大200万円のショッピング保険が付帯しており、海外で購入した商品が受けた損害に対して年間100万円まで補償を受けることができます。補償期間は購入日から90日間で、1事故あたり1万円の自己負担が必要です。海外ではブランドの商品など高額な商品を購入することもあるので、嬉しい保険ですね。

ANA AMEXカードと他のカードの比較

ANA AMEXカードと他のカードの性能について違いを説明していきます。

ANA AMEXカードとJAL AMEX普通カードの比較

ANA AMEXカードと、同じく航空系カードのJAL AMEX普通カードとの違いは以下の通りです。

比較対象 ANA AMEXカード JAL AMEX普通カード
年会費 7,000円(税抜) 6,000円税抜)
ボーナスマイル 毎年1,000マイル
フライトマイルに10%の加算
初回搭乗時に1,000マイル
フライトマイルに10%の加算
基本還元率 0.5% 0.5%
マイルアップ年会費 6,000円(税抜) 3,000円(税抜)
保険 海外旅行傷害保険最大3,000万円
国内航空傷害保険最大3,000万円
ショッピング保険最大200万円
海外旅行傷害保険最大3,000万円
国内旅行傷害保険最大5,000万円
ショッピング保険最大200万円

ANA AMEXカードは毎年航空機に登場しなくても継続時のボーナスマイルをもらえることに大きなメリットがあります。しかし、年会費やマイルアップ特典など価格の面ではJAL AMEXカードの方が優れているため、できるだけ年会費を安くしたいという方はJAL AMEXカードを利用してもいいかもしれません。

搭乗ボーナスなどのボーナスがあるため、自身がANA航空とJAL航空のどちらを利用するかで決めるとお得度がぐっと上がりますよ!

JAL AMEX普通カードの詳細についてはこちら!
JAL AMEX普通カードのメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

ANA AMEXカードのデメリット

ANA AMEXカードはアメックスのカードを年会費7,000円(税抜)で利用することができるため、大きなデメリットはありません。しかし、ANA AMEXカードを最大限のお得度で利用するためには「マイル移行コース」への加入が不可欠となるため、実質的には12,000円(税抜)の年会費が必要になります。

ANA AMEXカードを作るのにおすすめの人

ANA AMEXカードを発行するのに向いている人は以下のような人です。

・ANAマイルを貯めたい
・旅行が好き
・出張などでANAを利用する
・AMEXのカードを持ちたい

ANA AMEXカードのまとめ

ANA AMEXカードはANAとアメックスのトラベルサービスを利用することができるお得なカードです。年会費7,000円(税抜)の一般カードながら空港ラウンジを利用することが可能で、さらに同伴者1名まで無料です。追加年会費6,000円(税抜)の「ポイント移行コース」に加入すれば、マイル還元率1%になるなど、マイルを貯めながらお得に旅行ができる1枚です。

公式サイトを見る

詳細情報

基本情報

 カード名   ANAアメリカン・エキスプレス・カード
 発行会社  アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
 申し込み資格   原則として20歳以上で定職のある方
 発行期間   約3週間
 国際ブランド     AMEX
 年会費  初年度  7,000円(税抜)
 2年目以降  7,000円(税抜)
家族カード  初年度  2,500円(税抜)
 2年目以降  2,500円(税抜)
 ETCカード  年会費  無料
 備考 発行手数料1,000円(税抜)
 締日   20日
 支払日   翌月10日

ポイントプログラム

 ポイントプログラム  メンバーシップ・リワード
 基本還元率  0.5%
 有効期限   ポイント獲得日から3年間
 専用モール  ANAマイレージモール

電子マネー

 電子マネー  楽天Edy
 Apple Pay  対応

保険

 旅行傷害保険  海外  最大3,000万円
 国内  最大3,000万円
 ショッピング保険  最大200万円
 紛失・盗難保険  ○

公式サイトを見る

コメントを残す

*